uirouのひとりごと

不定期に何か書こうと思います。

2016年買ってよかったもの

今年を振り返って買ってよかったなーと思ったものリスト

Amazon等での買ったものリスト(去年買ったものもちょっと含む)から買ってよかったなーと思ったものをリストにしていたのだけれど、なにやら2016年を買い物で振り返ろうっていうので鍋セットが当たるとかいうキャンペーンをやっていて、

blog.hatena.ne.jp

その中にお題その2「今年、買ってよかった物」 というものがあるっぽいのでせっかくなのでそれに乗っかることにする。

ということで買ってよかったなーと思ったものをつらつらと書き下す。

 

 電子機器

CPU, メモリ, SSD

今まで使っていたデスクトップは将来的にアップグレードできるように、とCeleronを載せていたのだけれど、このCeleronが思いの外キビキビ動いてくれていたのでアップグレードしていなかった。のだけれど、いい加減遅いかなぁと思いはじめたので上記の三点セットを買ってアップグレードしてみた。

ら、劇的に速くなってどうしてさっさと買っていなかったのかと後悔している。

Intel CPU Core i7 3770 3.4GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770【BOX】

Intel CPU Core i7 3770 3.4GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770【BOX】

 

 

 

 

FlashAir

 ウチに設置されているFAX専用機は、受け取ったFAXをSDカードに書き込む機能があるのだけれど、このSDカードをその書き込み先として挿しておき、FlashAir の Luaスクリプト を使って家庭内サーバにHTTP POSTで書き込まれたFAXの画像を送信、家庭内サーバは受け取ったFAX画像をe-mailとして送信する、といった事をさせている。

外出中でも自宅に届いたFAXが確認できるのでとても便利。

ただ、動かなくなった時のデバッグがとてもやりづらいのが問題かなぁ。

 

nasne

 録画に使っているBlu-rayレコーダのBlu-rayドライブの調子が悪くなったので新機種を買おうかと思ってたのだけれど、SONY製のBlu-rayレコーダの新機種の評判がすこぶる悪かったのでサブに使っていたnasneを買いまししてnasneを二台体制にした。

1時間の連続運動にエアロバイクで自転車こぎ運動をしている時には2倍速で映画を観ると丁度1作品になるので、PSPやPS Vitaでの2倍速再生を重宝しているんだけど、PSPやPS VitaはSONY製のレコーダかnasneで録画したものしか簡単には再生できないのでSONY製のレコーダに頼っていたんだけれど上述のように壊れかけてしまった上に新機種が駄目なのでnasneに逃げたという次第。

少し前まではnasneからBlu-ray Discへの書き出しはできなかったのだけれど、最近ではPCからの再生ソフトを購入することで、Blu-ray Discへの書き出しもできるようになっている。

これでおまかせ録画(キーワード検索か何かをして番組を探して録画してくれる機能)と録画された番組の編集(チャプター編集とチャプター削除)ができたらもうBlu-rayレコーダはお払い箱にできるんだけれど、まだそういう機能は無いのだよなぁ。

あと、nasneは新品で買ったのだけれどファームウェアのバージョンが古いものが届いたので、そのままではチャプターが入ってくれなくて悲しい思いをしたので、買った人は最初にファームウェアのアップデートをできるかどうかの確認をしておいたほうがいいよ。

nasne 1TBモデル (CECH-ZNR2J01)

nasne 1TBモデル (CECH-ZNR2J01)

 

 

ごはん関係

ガスコンロ

今まで使っていたガスコンロがいい加減古くて火をつけるためのパチパチ言う所が壊れてマッチがないと火がつかなくなったので購入。

せっかくなのでと少し調べて

  1. 表面が拭き取りやすくて内部に吹きこぼれた液体が侵入しなさそうなもの
  2. 魚焼きグリルは両面焼き
  3. 空焚き防止機能を切る事ができる

というのを満たしたものを買ったのだけれど、 魚焼きグリルが両面なのはかなり良い。魚をひっくり返さないと焼けない状態であった前のものだと、ひっくり返す時に魚が崩れてしまう事が結構あったのだけれど、両面焼きだとそういう心配がない。あと、前に使っていたものは空焚き防止機能を切ることができなかったので焼きそばを作る時みたいな時に火力が出なくなって寂しい思いをすることがなくなった。よしよし。(*´ω`*)

 

フライパン

鉄製のフライパンに穴があいてしまったので購入。

テフロンコートのかかっているものを購入したのだけれど、こびりつかないフライパンいいわー。洗うのも楽だしいいわー。

 

IHホットプレートと焼肉用プレート

 

これは今年買ったわけではないんだけれど、3年位便利に使ってるので書いておく。

とにかくデカいので量が一度に焼けるのが良い。餃子50個位なら一撃で焼ける。焼肉プレートもデカいので時間のかかる野菜を焼きながら肉を焼いても余裕がある。テフロン加工されているので洗う時にお湯とタワシでこすると簡単に洗えるのも楽で良い。テフロン加工がそのうち禿げるのかと思ってたけど今の所禿げてない。

パナソニック IHホットプレート ブラック KZ-HP1100-K

パナソニック IHホットプレート ブラック KZ-HP1100-K

 

 

 

ヨーグルティア

 R-1 をこれで増やして食べているのだけれど、R-1が固くなりやすいのか、単に時間をかけて発酵させてるからなのか、とても固めなヨーグルトになっていて、1リットル入る容器の中身を2,3日で食べていく時に、上から削って食べるのではなく脇を底までえぐるように食べて、次に食べる時に滲み出た液体(ホエー)を取り出して(単に飲んでる)食べるようにすることで、最終日はとても固いクリームチーズっぽいヨーグルトが食べられてウマいウマい。(*´ω`*)

そのうち65度か何かで長時間加熱すると牛肉がすげぇウマくなる、ってのを試してみたい。

 

沢山の牛タン

自分、お肉を山ほど食べたい、というか野菜もご飯もなくていいから肉だけ食べたい、しかも油が多いと油に負けちゃうので赤身だけ食べたい、みたいな事を思う事がたまにあるのですよ。そんな時、食べ放題の焼肉屋に入って牛タンだけを頼むとか考えたりもするけれど、酷いよなぁと思って実行できなかったのだけれど、よくよく考えたら自分で牛タンだけを沢山買って食べてしまえばいいのでは、と気づいたので購入。

このお店、値段がちょろちょろと変わるので今がイイカンジに安いかどうかはわからないのだけれど、下手に安い所で注文したらとても噛み切りにくいお肉が送られてきた事があって、ちゃんと隠し包丁?的な事もしてくれるという食べやすさに配慮しているこのお店から買った所、後は自前で塩ダレを用意して焼くだけで焼肉屋さんで食べるような塩タンが食べられて満足。量もあって食べてもたべてもなくならない塩タン!素晴らしい!(゚∀゚)

item.rakuten.co.jp

 

難消化性デキストリン

 血糖値スパイクってのをなんとかするのに手っ取り早いのがコレ。

食後に血糖値が一気に上がってしまうとあんまりよくないよってお話があって、それを防ぐには食べ始めに野菜を多めに食べておくと良い、みたいな対応がある。のだけれど、食前にこの難消化性デキストリンを水に溶いて飲んでおくだけで同じような効果がある。(デキストリン自体は多糖類なので炭水化物なんだけど、難消化性デキストリンは食前に食べる野菜と同じような効果があることが認められているらしい@Wikipedia)

ということで、夜食にインスタントラーメンを食べよう、みたいな時にラーメン以外に野菜を食べないとなぁ、みたいなのを回避するのがとても楽になる。

水に溶けやすいので溶かすのもとても楽で、4,5秒かき混ぜればだいたい溶ける。少しダマになってるかな?というのも15秒もかき混ぜていれば完全に溶けちゃう。

どうやら自分は痛風っぽいらしく(ただ、健康診断ではそんな結果が出ていないので病院の先生に「俺って痛風ですか?」と聞いても「それは無いと思う」と言われてしまっているので痛風ではないのかもしれない)、炭水化物のみを沢山食べると翌日覿面に関節が痛い事になっていたのが、そういう食事をする前にこれを飲むようにしてからは一回もそんな事にはなっていないので十分に効果があると思う。

 

家具

頭まである椅子

PCの前に座ってキーボードをポコポコ打ってる時間が長いと、良い椅子が欲しくなるので、

  1. 頭までサポートしてくれる
  2. 腰を支えるランバーサポートがある

ってのを求めて探して購入。

買ってみた所、キーボードを打っている時だけではなく、モニタで映画を観たりする時やゲームをしている時に頭まで椅子に寄りかかってだらーっとできるのは至高。(*´ω`*)

AKRACING ゲーミングチェア NITRO-RED(赤色)

AKRACING ゲーミングチェア NITRO-RED(赤色)

 

 

足置き

上記の頭までサポートしてくれる椅子を買ったんだけれど、この椅子がほとんど平行になるくらいまでリクライニングで背もたれを後ろに下げられたので、優雅に背もたれを倒して寝ようかな、とやってみたところ足だけが曲がった状態になってしまって寂しかったので購入。

せっかくなのでと少し高めのクッション性の高そうなものを選択したのだけれど、思いの外いい感じなので特に背もたれを倒さない時でも背中を椅子にベタッとつけて足を伸ばしてキーボードをポコポコ打つ、みたいな姿勢で使ってリしてかなり便利に使ってる。 

 

日よけすだれ

 夏場の暑さをなんとかするために調べてた時にひっかかったので買ってみた。

緑のカーテンとかでもよかったのだけれど、メンテナンスが面倒くさそうなので敬遠して、これにしてみた。このすだれは銀色をしていて日光を反射することで暑さをなんとかする。一応すだれなので風も通るというのだけれど、気休めかなぁ。このすだれが無い方がずーっと風は通る。まぁ当たり前と思うけど。ただ、熱は相当減ったと思う。

 

着る毛布

 着る毛布ってスターウォーズジェダイローブっぽいよね!ってのと、冬場寒いのがなんとかなるといいなーってので購入。

この製品がよかったのかもなのだけれど、スゲェ手触りがもふもふで幸せ。1年位経った今でももふもふなので耐久性も十分あると思う。(まぁお尻の下になるような所は少しぺたっとしちゃってるけど)

もふもふー。もふもふー。(*´ω`*)

 

 

ダンジョン飯

 待ちに待った3巻が出たので購入。(*´ω`*)

相変わらずテンポの良いギャグといい、なるほどそうきたかーなワンダーといい、キレキレに楽しい。

 

正義警官モンジュ

期間限定無料で3巻まで読めたので読んだのだけれど面白かった。

表紙に載ってる太っちょなロボットのモンジュが可愛い。相棒となる山岸巡査がバカでエロいんだけどスゲェいいところを持っていく感じとか、紅一点の神谷さんもテンポよくシリアスとギャグをこなしてくれる感じが良いよい。どうやら東日本大震災の影響で(名前がモンジュだし)打ち切られてしまったっぽいのがとても残念。(´・ω・`)

 

その他

Appleへのデベロッパ登録上納金

これ、払っておかないと自分がAppStoreで公開しているアプリが非公開になっちゃう。特に売上があるわけではない(というか広告も含めてお金を生む要素が全くないので売上があるわけがない)のだけれど、使ってくれている人達が悲しむかなーというのが原動力で払ってる感じ。(実際、自分が使うだけであればもうAppleに上納金を払う必要は特に無いはず)

そのうち売上があるようなものも作れればなーとは思っている。

ちなみに登録してるのはコレ。

ことせかい

ことせかい

  • Takuji Iimura
  • ブック
  • 無料

お金ものさし:すごい高いお金の感覚を知りたい(金銭感覚の物差しが欲しい)

目的

ニュースとかで、「〜にいくらかけたけど無駄だ」とか「〜の運用に失敗していくらが消えた」みたいな事を読んでもその金額が大きすぎて規模感がわからないので、いくら位だと何と規模感が同じ位のものになるのか、というのを調べた。

日本の予算

とりあえず日本の国家予算について、2015年のものをみてみた。

大きく分けて一般会計と特別会計がある。

特別会計の方が多い。だいたい100兆円と200兆円。

一般会計の内訳

ここにグラフが載ってる。 http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/002.htm

  • 歳入の部

  • 租税及び印紙収入: 57兆6040億円

    • 所得税: 17兆9750億円
    • 法人税: 12兆2330億円
    • 消費税: 17兆1850億円
    • その他: 10兆2110億円
  • 公債金: 34兆4320億円
    • 特別公債: 28兆3820億円
    • 建築公債: 6兆0500億円(半分がその他に混ざってる?)
  • その他: 4兆6858億円

ざっくりと税金で6割、公債で4割を賄っていて、税金は所得税法人税、消費税、その他のそれぞれだいたい同じくらい(法人税とその他は少し少ない位)の比率の歳入額になってる。

ざっくりと三分の一が社会保障費。

特別会計の内訳

ざっくりと

一般会計の方にもあった国際償還費や、地方交付税交付金が出てきている。 一般会計側で足りない分を出してるってことなのかなぁ。

ざっくりまとめ

  • 300兆円・・・・・・・・日本の国家予算一年分
  • 115.8兆円・・・・・・・国際償還費等一年分
  • 96.7兆円・・・・・・・日本の歳入
  • 57.6兆円・・・・・・・日本の租税及び印紙収入一年分
  • 32兆円・・・・・・・・・社会保障費一年分
  • 17.9兆円・・・・・・・所得税歳入
  • 12.2兆円・・・・・・・法人税歳入
  • 6兆円・・・・・・・・・公共事業歳出
  • 5.4兆円・・・・・・・・文教及び科学振興歳出
  • 5兆円・・・・・・・・・防衛歳出

兆円単位位だと国家予算周りと比べると比べやすそうな感じになった。

東京都の予算

国のはだいたいわかった気になったので、東京都の予算について調べる。

東京都の平成28年度予算 http://www.metro.tokyo.jp/INET/KEIKAKU/2016/01/70q1f100.htm より、

らしい。こちらにも特別会計なるものがあるんだなぁ。

その他

ついでなので会社とかの規模のものも調べる。

ゲーム関係

ファミ通ゲーム白書2016 http://www.famitsu.com/news/201606/09107833.html

によると

  • 世界のゲームコンテンツの市場規模: 8兆2667億円

内訳 - アジア: 3兆4711億円 - 米国: 2兆1982億円 - 欧州: 1兆8144億円

日本国内は、合計で 1兆3591億円であり、そのうちゲームアプリ(スマートフォンタブレット向けに提供されているゲーム)が9283億円。

ついでに、高騰しているというゲームの開発費を調べる。

海外サイトが選ぶ『最も開発費が高いゲーム』TOP20(2015年の記事) http://www.gamespark.jp/article/2015/06/01/57371.html ここに載っているのは発売年がいろいろ変わっているので単純に日本円に変えても駄目そうなんだけれど、 ざっくりと1ドルを100円で計算してみる。

当時から高いと聞いてたけどFF7ってシェンムーより高いんだね。

主要企業の研究開発費

主要企業の研究開発費ランキング2016年版なるものがあった。 http://toyokeizai.net/articles/-/115008

宇宙関係

アポロ計画

Wikipedia アポロ計画 - Wikipedia によると 「1969年当時で200億ドルから254億ドル(2005年現在の貨幣価値に換算すると、およそ1,350億ドル)になる」そうな。 2005年当時のドル円相場がどうなっていたのかを見てみようと思ったらYahoo!ファイナンスでは2006年のまでしかなかったので とりあえず2006年の1ドル110円で換算すると、14兆8500億円となった。

ざっくりまとめの更新

  • 300兆円・・・・・・・・日本の国家予算一年分
  • 115.8兆円・・・・・・・国際償還費等一年分
  • 96.7兆円・・・・・・・日本の歳入
  • 57.6兆円・・・・・・・日本の租税及び印紙収入一年分
  • 32兆円・・・・・・・・・社会保障費一年分
  • 17.9兆円・・・・・・・所得税歳入
  • 14.9兆円・・・・・・・アポロ計画全部
  • 13.7兆円・・・・・・・東京都の予算一年分
  • 12.2兆円・・・・・・・法人税歳入
  • 8.3兆円・・・・・・・・世界のゲームコンテンツの市場規模一年分
  • 6兆円・・・・・・・・・公共事業歳出
  • 5.4兆円・・・・・・・・文教及び科学振興歳出
  • 5兆円・・・・・・・・・防衛歳出
  • 3.5兆円・・・・・・・・アジアのゲームコンテンツの市場規模一年分
  • 2.2兆円・・・・・・・・米国のゲームコンテンツの市場規模一年分
  • 1.8兆円・・・・・・・・欧州のゲームコンテンツの市場規模一年分
  • 1.4兆円・・・・・・・・日本国内のゲームコンテンツの市場規模一年分
  • 1兆円・・・・・・・・・トヨタ自動車の研究開発費一年分
  • 9300億円・・・・・・・日本国内ゲームアプリの市場規模一年分
  • 6600億円・・・・・・・ホンダの研究開発費一年分
  • 5000億円・・・・・・・日産自動車の研究開発費一年分
  • 500億円・・・・・・・・Destiny(2014)の開発費
  • 265億円・・・・・・・・Grand Theft Auto V(2013)の開発費
  • 145億円・・・・・・・・Final Fantasy VII(1997)の開発費
  • 132億円・・・・・・・・シェンムー2(2001)の開発費
  • 100億円・・・・・・・・Grand Theft Auto IV(2008)の開発費

できれば 500億円〜5000億円 の間位のが欲しいかなぁ。 飽きてきたのと、だいたい見えてきたような気分になったのでとりあえずここまで。

例えば

例えば比べるとすると、東京五輪にかかる費用のお話がホットかなぁ。 http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/26/2020-tokyo-olympic-games_n_11192722.html によると、3500億円から始まって2兆円を超える、位まで変わっているらしい。 とすると、だいたい主要企業の研究開発費位から始まって防衛費には届かない位になってると読める。

高っ!

あと、インドの富豪が携帯電話網を自費で整備するって話

www.cnn.co.jp

は2兆円らしいので国内のゲームコンテンツより多い金額を自費で出してるなんてすごい!って思える。

はー。やっとこういうのが言えた (*´ω`*)

企業の歳入を追加

NHKスペシャルの「マネー・ワールド 資本主義の未来(2)」で国や大企業の歳入(1年間の収入)が出ていたのでこれも取り込む事にする。 これはドルで書かれていたのでざっくりと100倍して日本円表記にして抜粋する

三桁兆円の所には国しか無いのだけれど二桁兆円位には大企業が食い込んでいる。 日本の歳入が上で引用している値と違う(上のだと100兆円位)のが気になるのだけれど、まぁそこは見なかったことにする。

表の更新(2016/10/22版)

  • 325兆円・・・・・・・・アメリカの歳入
  • 300兆円・・・・・・・・日本の国家予算一年分
  • 243兆円・・・・・・・・中国の歳入
  • 125兆円・・・・・・・・フランスの歳入
  • 115.8兆円・・・・・・・国際償還費等一年分
  • 96.7兆円・・・・・・・日本の歳入
  • 57.6兆円・・・・・・・日本の租税及び印紙収入一年分
  • 48兆円・・・・・・・・ウォールマートの歳入
  • 33兆円・・・・・・・・State Grid(国家電網公司)の歳入
  • 32兆円・・・・・・・・・社会保障費一年分
  • 27兆円・・・・・・・・・Royal Dutch Shellの歳入
  • 25兆円・・・・・・・・・ExxonMobilの歳入
  • 24兆円・・・・・・・・・トヨタ自動車の歳入
  • 23兆円・・・・・・・・・Appleの歳入
  • 23兆円・・・・・・・・・BPの歳入
  • 17.9兆円・・・・・・・所得税歳入
  • 14.9兆円・・・・・・・アポロ計画全部
  • 13.7兆円・・・・・・・東京都の予算一年分
  • 12.2兆円・・・・・・・法人税歳入
  • 8.3兆円・・・・・・・・世界のゲームコンテンツの市場規模一年分
  • 6兆円・・・・・・・・・公共事業歳出
  • 5.4兆円・・・・・・・・文教及び科学振興歳出
  • 5兆円・・・・・・・・・防衛歳出
  • 3.5兆円・・・・・・・・アジアのゲームコンテンツの市場規模一年分
  • 2.2兆円・・・・・・・・米国のゲームコンテンツの市場規模一年分
  • 1.8兆円・・・・・・・・欧州のゲームコンテンツの市場規模一年分
  • 1.4兆円・・・・・・・・日本国内のゲームコンテンツの市場規模一年分
  • 1兆円・・・・・・・・・トヨタ自動車の研究開発費一年分
  • 9300億円・・・・・・・日本国内ゲームアプリの市場規模一年分
  • 6600億円・・・・・・・ホンダの研究開発費一年分
  • 5000億円・・・・・・・日産自動車の研究開発費一年分
  • 500億円・・・・・・・・Destiny(2014)の開発費
  • 265億円・・・・・・・・Grand Theft Auto V(2013)の開発費
  • 145億円・・・・・・・・Final Fantasy VII(1997)の開発費
  • 132億円・・・・・・・・シェンムー2(2001)の開発費
  • 100億円・・・・・・・・Grand Theft Auto IV(2008)の開発費

大企業は本当に国家予算規模のお金を動かしているんだなぁ。

映画ピクセルの予習

ピクセルっていう映画

impress の記事 に登場タイトルが載ってるのだけれど、結構知らないタイトルもあったので予習がてらに Youtube の動画(とWebで遊べる奴があればそれも)を検索してリストにしてみた。

単に検索して出てきた奴をリストしただけなので、もしかすると間違ってるのがあるかもなので、間違えてるとかこっちのほうがイイヨってのを知ってる人はコメントででもこっそり(?)教えてくれると嬉しいです。

 

Asteroid - Atari

 

Breakout - Atari

 

Centipede - Atari

記事中のセンチピードってのはコレ。

なんか違う気がするけれど Web上で遊べるっぽいのがあった。

http://my.ign.com/atari/centipede

 

Missile Command - Atari

これもWebで遊べる奴があった。

http://my.ign.com/atari/missile-command

 

Outlaw - Atari

 

Canyon Bomber - Atari

 

PaperBoy - Atari

 

Smurf - Atari

 

PAC-MAN ナムコ バンダイナムコエンターテインメント

 

Galaga ナムコ バンダイナムコエンターテインメント

 

Dig Dug ナムコ バンダイナムコエンターテインメント

 

Donkey Kong - 任天堂

 

Duck Hunt - 任天堂

 

Space Invaders - タイトー

 

Arkanoid - タイトー

 

Frogger - KONAMI

 

Defender Wiliams Warner Bros. Interactive

 

Joust Wiliams Warner Bros. Interactive

 

Robotron 2084 Wiliams Warner Bros. Interactive

 

Wizard of Wor Midway Warner Bros. Interactive

 

Q-bert Gottlieb Sony Computer Entertainment

Q-bert はWebで遊べるのもあった。

https://archive.org/details/arcade_sqbert

 

BurgerTime Data East G-Mode

 

Tetris - The Tetris Company

2016/05/21: http://shiromatakumi.hatenablog.com/entry/2016/05/21/155650 を参考に埋め込みYoutubeを軽くしてみました。

今週のお題特別編「好きなブログ・おすすめのブログ」 #はてなブログ は3周年

今週のお題特別編「好きなブログ・おすすめのブログ」 #はてなブログ は3周年

 

最近hatenaブログを書いたことあったけれど、なんかショートカットキーが使えたりしていろいろ書きやすくなっててびっくりした(というか、書きやすくなっててびっくりするくらい書いてなかった方にびっくりした)

ということで、お題の好きなブログは うさだblog の人かなー。

 

ということでhatenaのパーカー欲しいなぁな記事でした。

ことせかい:小説家になろう 読み上げアプリ 開発記

ことせかい小説家になろう というサイトにある小説をダウンロードして、 Siriさん(のエンジン)に読み上げてもらうという iPhone用アプリ です。

つまり、ナンジャラホイ? という人は紹介用の動画を作ったので、見ていただけるとわかるかもしれません。


ことせかい: iPhone 小説家になろう 読み上げアプリの紹介 - YouTube

動画ではまだAppleの審査を通っていないっぽいことを言っていますが、先日 Apple の審査を通ったので 今はダウンロードできます。

 

 

ことせかい は私の初のiPhoneアプリで、だいたい三ヶ月位かけてリリースまでこぎつけた感じです。良い節目なので ことせかい の開発にあたってのいろんな事柄を振り返ってみたいと思います。

作り始めるまでの話

私にとって初めての iPhoneiPhone 3GS(2009年6月発売) でした。 つまり今(2014年9月)からすると5年位前の話です。 プログラムが書けるっていうととりあえず書いてみたい私としては、iPhone 3GS を買ったすぐ後に Mac mini を買ってきて、iOS Developper への登録(年間9千円位?)をしたのでした。

それで、とりあえず書いてみようとして

  • Xcode 触ったこと無いからワカラン
  • Objective-C 触ったこと無いからワカラン
  • Mac OS 全然しらないからそもそもフォルダ名の変え方からしてワカラン

と、何もわからなすぎて急速にやる気が萎えて放置する、ということをしました。 それで、半年とか一年とか経って「またやってみようかな」と思うのだけれど全然やらない、 やったとしてもWebから持ってきたcodeを少し動かしてテストする、程度しかやらない、 それでも何か作るとしたらこんなものかなーとか考えるだけはする、 という黒歴史バンザイなことを続けていました。

そうです。やりたいけれどやらない駄目な子でした。 自分でも駄目だなーと思っていたのですが、どうにもやる気にならないまま、時間が経っていったのでした。

そんなこんなで5年は経ったであろう2014年の6月、Appleさんは Swift という言語を発表して、 「これからは Objective-C を使わないでもこのモダンな Swift を使えばいいよ!」 と言ってくれたのです。

わぁすごい。毎年作りもしないのに iOS Developper Program にお布施してきたけれどこれはいいかもしれん!

と少しやる気になった私は、早速 mac に入れて遊んでみようとしたのでした。 第一印象としては、

  • なんか Objective-C の上にかぶせてある感じ(wrapperみたいな感じ)だな
  • けれど、摩訶不思議な の世界は完全に見えなくなってるからいいかも

というもので、 もういい加減一つ位はアプリ書いてみようよ俺、という気持ちと、 これなら行けるかも、という期待感、 あと職場が変わって気持ちに余裕が出てきたという追い風もあって、 この期を逃したらまた長いこと作らない事になりそうだなーと思ったのでした。

ということで、やるだけやってみようと思ったわけです。

作るものを考える

その時、自分が作ってみたいものは幾つかありました。

  • 職場で話してた画像○×クイズアプリ
  • 運動中(エアロバイクでよく運動をしているのでその間)にやらされる「聞く脳トレアプリ」
  • 小説の読み上げアプリ
  • RSS2ch の読み上げアプリ
  • カーチャンが使ってた iOS の家計簿アプリが公開停止したのでそれの代わりのアプリ
  • トーチャンカーチャンが双方で野菜を買ってきてダブるとか買ったけれど忘れて腐るとかを解消するアプリ

これらは上のものの方が作りやすそうで、下のものは作りにくそうだなぁと思っていた感じです。

ここで、5年も何もできなかった私としては、 途中で投げ出さないものを選ぶのがいいだろうなぁということで、 「自分が欲しい」と思っているもので完成形が簡単に思い浮かぶ(つまりは難しそうな所が少ない) 小説の読み上げアプリ を作ることにしました。

小説の読み上げアプリ

小説の読み上げアプリが欲しいというのは、

  • 老眼が進んできて iPad mini の画面でも結構文字を大きくしないと小説を読むのが辛くなってきた
  • 歩きスマホはよくないよねーと思うけれど歩いてる間の時間は無駄多いなーと思ってた

というもので、目を使わずに小説が読めるであるとか、歩いてる時にも使える暇つぶしが欲しいであるといった目的でした。

それだけであれば単に KindleiPhone版 を取り出して ちょこっと設定を変えると読み上げアプリに早変わりするので、 それでいいじゃん、という話がありました。

ただ、今回はアプリを作るというのが主目的ですので、 ~があるからイラナイよねー、イラナイイラナイ、みたいな事は言わない事にします。 じゃぁっていうんで、Kindle は売り物の本を扱うんだから私の作るアプリは 売り物じゃないものを読み上げるようにしよう、と考えました。

売り物じゃないもので読み上げるというと、青空文庫既に読み上げアプリがありました

あら残念。

ということで、その時期に読み始めていた 小説家になろう の読み上げアプリ (こちらは存在しないように見えました)を作る事にしました。

まずは Siriさん に喋ってもらう

小説家になろう についてどうこう言う前に、Siriさん(のエンジン) に喋ってもらえないと読み上げアプリは作れません。 ということで Siriさん に喋ってもらうための方法を google先生 に聞いてみます。

どうやら iOS で使える日本語の読み上げソリューションは いくつかあるらしい のですが、ここの人のまとめている所によると iOS 7 から使えるようになった AVSpeech より 音質の良いものは iSpeech か Acapela 位とのことで、iSpeech はオフラインで使えないであるとか、 Acapela は有料らしいので、まぁとりあえずは Siriさん のエンジンに読み上げてもらえば良いかな、 ということを考えます。

Swift からの挫折

ということで、AVSpeechSynthesizer というものを使えば良いよ、 という話だったので、これまた google先生 にお伺いを立てて使い方を教えてもらい、 Objective-C では読み上げてもらえるというところまでできました。

じゃぁというので Swift でやってみようと Xcode 6 の beta を起動して Objective-C の code を Swift で書き換えていきます。 ビルドしてリンクまで出来て実行してみると、 何故か読み上げてもらえない上に、ハングしてしまいます。 AVSpeechSynthesizer を使わないプログラムについてはマトモに動くので、 これは何か AVFoundation を使うあたりで何か勘違いをしているのだろうなぁとは思うのですが、 何を勘違いしているのかさっぱりわからなかったので、早々に Swift を使うのは諦めました。

後からわかったのですが、これは iOS 8 のシミュレータのバグらしく、 ことせかい がリリースされた 9月 まで直っていませんので、 この時点で Swift に見切りをつけたのは良い判断だったようです。

とにもかくにも、Objective-C ではちゃんと発音してくれるわけなので、 まぁとりあえずは発音周りはやり方がわかった、ということで先に進むことにしました。

なろう小説API

発音ができるようになったら次は小説をダウンロードする部分を作りたくなります。

小説家になろう のサイトでは、なろう小説API というもので、 小説家になろう に登録されている小説の検索用のものを用意してくれています。

ただ、このAPIで検索はできるのですが、小説そのものを取得するためのAPIは定義してくれていないようでした。 そこで、この API経由 で手に入れた Ncode (小説家になろうのサイトでの個々の小説につけられたID)を使って、 通常の 小説家になろう の Webサイト のテキスト形式ダウンロードの form を使って小説の本編をダウンロードするようにしました。

やっていることとしては、

  1. なろう小説API を HTTP で GET して JSON を取得
  2. JSON から Ncode やその他の情報を取り出す
  3. Ncode から個々の章の テキストダウンロードForm を推測
  4. テキストダウンロードForm からテキストをダウンロード

という作業をするだけですので、一通りのものを関数化して UI を作る時のためにとっておきました。

データの保存

読み上げを行う時に毎回小説をダウンロードしていたのでは面倒くさいです。 ということで、取得してきたデータを保存するための方法を google先生 にお伺いします。

google先生 によると、CoreData というものを使うと良いらしいので、 そのあたりを調べて使ってみました。 CoreData というのはどうやら sqlite への OR mapper 的なものらしいです。 テーブル定義のバージョン毎のマイグレーションも定義できるようなので、 とりあえずはこれを使う事にしました。

これで小説のデータ保存ができるようになったので、小説毎に読み上げ位置(栞のようなもの)であるとか、読み上げ用の発音設定の保存などもできるようにしました。

UI

小説も読み込めて、読み上げもできるようになったので、そろそろ UI をつけてやります。 多分これができれば自分の iPhone に載せて小説を聞く事ができるようになりそうです。

UI はどうやらプログラムから指定するか、Storyboard という GUI なインタフェースから作る方法があるようです。

UI の配置等をプログラムから指定するのは Xt や GTK の時代にいっぱいやって飽きたので、 .NetWindows.Forms みたいな感じに見える Storyboard を使う事にしました。

ただ、Storyboard のレイアウタであるところの AutoLayout というものは指定したものと 動きが私の理解を超えていて、何故このようなレイアウトになってしまうのか、といった事が頻発してしまい、 (特に UIScrollView が絡んだりすると大変)この記事を書いている今でもまだわかっていません。 なので、とりあえずは iPhone だけで縦画面しか使えない、 ということにしてレイアウタが余計な事をしないでくれることを祈っている、という状態です。

このあたりで、UI を Storyboard で設計するよりは、何かもっと簡単なもので設計したほうがいいんじゃなかろうか、 と思って fluidui という物を使いました。これは結構簡単にページのレイアウトやページ遷移のシミュレートができていい感じでした。

ということで、

  1. 小説家になろう で検索
  2. 検索結果を確認
  3. ダウンロード
  4. ダウンロードされた小説を表示

というあたりまで UI をコツコツと作っていきました。 ここまでできたので、自分の iPhone に入れて動かしてみて読み上げてもらいながら歩いてみる、 などをし始めました。

ブラッシュアップ

小説家になろうの読み上げアプリ としてのだいたいが出来たので、 後はバグ修正と使い勝手の向上だよね、という事で、日々の生活で気づいた事を github の issue に追加してそれを潰す、 という事をプチプチと繰り返しました。

ことせかい という名前の通り、Siriさん(のエンジン)は読み上げの文字を間違える事が結構あるので、「異世界」を「いせかい」と読むのだと変換するようなテーブルを作ったり、 単純に同じトーンで読み上げられてしまうと通常の文なのか会話文なのかがわかりにくい書き方の場合もあったので、 それに対応できるように会話文については声のトーンを変えられるような機能をつけたりしました。

また、バックグラウンド再生中にコントロールセンターやロック画面での再生・停止の機能も入れた時には、 再生させ続けている時にすぐに再生を停止できるようになり、(自分の)使い勝手が向上しました。

アプリアイコン

それまではアプリのアイコンが無く、殺風景な丸と線のアイコンだったので、リリースするまでには作らねばならないアイコンを作ることにしました。アイコンはアプリの顔なんだろうなぁと思うとまじめに作らないと駄目なのかな、と思ってクラウドソーシングサービスとかでアプリアイコンをデザインしてもらおうかしらん、とも思ったのですが、そもそも「どんなイメージの物を期待しています」というイメージすら無い状態で「こんなアプリなのでアイコンを考えてください」とか丸投げしてもしょうがないよな、と思って、だいたいのイメージを自分で考え始めました。

で、その頃にはもうアプリの名前を「ことせかい」にしようと思っていたので、小説家になろうには異世界ファンタジーが多いんだからとりあえず剣の絵は必要だよね、ということで剣の絵を持ってきて画面に置いて、読み上げアプリで「ながら聴き」を目的としているのがわかるとするとイヤホンの絵が欲しいかな、と思ったけれどイヤホンは小さすぎてアイコンだとわかりづらそうなのでヘッドホンかな、ということでヘッドホンの絵を貼り付け、剣とヘッドホンの絵をつなげればいいんじゃねっていうか剣が表紙の本とヘッドホンをつなげよう、ということでこのアイコンのイメージができました。

 

 で、テキトーに本の大きさやら剣の大きさやらヘッドホンの大きさやらをいじっていたら、なにやらこのアイコンで必要十分な気がしてきたのでそのままアプリのアイコンにしてしまうことにして、結局クラウドソーシングサービスには頼らずにアイコンを決めてしまいました。まぁあんまり考えていないですがシンプルで識別しやすいアイコンなんじゃないかなぁと思っています。

リリース

初期段階のものとしてはこれで十分だろう、と思う所まで作り込めたので、 本来の目的であるリリースまでやるぞということで AppStore へのリリースを申請をするための準備を始めました。

申請をするにあたって、サポートのWebPageが必要だということで github pages でそれらしいページを作りました。github pages は markdown で書けば後はテンプレートを選ぶだけでほとんど完成したので簡単でよかったです。

また、申請時にはアプリの説明文であるとかイメージであるとかを登録できるので、それらをシミュレータで撮りました。これらは 3.5インチの iPhone用 と 4インチの iPhone用 (と最近では iPhone 6 や iPhone 6 Plus のサイズのものも必要になったようです)のものを撮っています。なんとなく、自分のtwitterアカウントのフォロアで小説家になろうの小説を書いている人の小説をキャプチャ画面に入れたりしてみています。

一応日本語と英語の2つの言語をサポートしているので、それぞれの説明文や画面を登録して、だいたい要素は揃ったので AppleStore へのレビュー申請を行いました。 

レビューは一回 Reject はされたのですが、これはどうやら iOS8 でと iOS7 で動きが変わった API があったらしかったので、 表示が崩れてしまった、ということらしく、計算で求めていた値を固定値に書き換える事で 出し直して審査を通してもらいました。

紹介動画

レビュー待ちをしている時に ことせかい を作っている時に応援してくれていた人から、 紹介動画を作ってみたらどうだろうというアイディアを頂いたので、 あーそれはいいね、という事で紹介動画を撮りました。

動画は実機で動かしながら Reflector を使って Air Play で Mac に表示しつつ、QuickTime で録画したのですが、読み上げを行っていない時などは無音で寂しい感じだったので BGM を入れようと思いました。その時、この動画はニコニコ動画にもアップロードするんだぜ、という事でせっかくだから ニコニコ技術部で使われている「てってってー」っていう音楽にしようかなーと思ったのですが、 どうやらあの「てってってー」という音楽は

  • 元の動画(これ?) には「使って良いですよ」とは書かれていない
  • そもそも てってってー は JASRAC の管理曲なので何かいろいろありそう

であり、なにやらライセンス的に使う事ができそうになかったので、 煉獄庭園 さんの曲を使わせてもらうことにしました。煉獄庭園さんには本当に感謝です。

ということで出来たのはこれ(冒頭にあるものと一緒)です。


ことせかい: iPhone 小説家になろう 読み上げアプリの紹介 - YouTube

振り返り

とりあえずやり切るのを目的にした

まずなによりも、5年経っても何のアプリもリリースしてないとかいくらなんでもやる気なさすぎでしょうというわけで、 まずはアプリが AppStore に並ぶまではやりきろう、ということを決意したのは良かったと思います。

毎日一時間

やりきろう、と思っただけでは全然駄目なんだろうな、というのは5年も何もできなかったのでよく知っていました。 ということで、毎日最低でも一時間はこのアプリのために時間を割く、という事を決めました。

もちろんその一時間を守れなかった日も無いわけではなかったですが、ほとんどの日は一時間は時間を割きました。 ただ、一時間必ずみっちりやらないと駄目、とかやるとやる気が無い時にすごく負担になるので、 一時間机に座っていればよい、程度のルールのつもりでやっていました。 実際、一時間机に座って AVSpeech関連 の事を書いた WebPage を眺めていただけ、という日などもありました。

とはいえ、やる気が無くても一時間座っていればまぁ何かは進むわけで、 一週間もすると7時間はかけているのでだいたい何かが進んだなと感じられる位には進んでいて、 一歩一歩着実に「できてきた」のを感じられたのは良いと思います。 まぁ、何もできていなくても「一週間で七時間も使ったよ」と考えるだけでも「俺commitしてる感」はありました。

あと、土日などの時は朝にその一時間を持ってくるように心がけました。 これが守れなかった時はだいたい23時頃になってやっと「ヤバい一時間やってない」と始めるので、 せっかく長い時間のとれる休日が(ことせかい の開発としては)無為に過ごしてしまった、 ということになることが多かったためです。

また、朝から「一時間」をはじめているとだいたいは 「まだ時間かけられるんだから平日やってないこの時間かかりそうな作業でもやるか」熱が 沸点を超えて始められる、という事がよくありました。何も手に付かない気がしていても、手につけてしまうとなんとなくできるものなんだなぁというのを思います。

結構辛い。遊びたいし無駄に時間使いたい

とはいえ、この毎日一時間というのを決めてやっているのは振り返ってみると結構辛かったと言って良いと思います。 実際、今までいっぱい遊んでたんだなーというか、積みゲーがすごく増えましたし、 無為に時間を過ごしてたというのは安らぎの時間だったんだなーと思う位、 ぼーっとしてる時間が全然ないなと辛さを感じたりしました。

その他

github

今回のプログラムは github に登録してみました。 https://github.com/limura/NovelSpeaker

元々無料のアプリにするつもり(お金を取るとなると多分低いクオリティの物では自分が納得できないだろうと思った)であったので、 無料なんだったら source も公開するよね、source を公開するならいまどきなら github だよね、 という流れで github に突っ込んだ、という感じです。

結果的には github pages が使える事でアプリの申請時に必要なサポートページを用意することができたり、 「小説家になろうの18禁の小説は読めないのかよ」と言われても、 「えっ、github に source あるから自分で書き換えれば?(でもSiriさんの棒読みで18禁とか上級者過ぎないか)」 という切り返しが使えるから安心だよねーとか思ったりで、 github にして困ったこともないし、良かったなーと思っています。

Siriさん読み間違い多いなぁ

ことせかい という名前からもわかるように、 Siriさん(のエンジン) は結構読み間違いをします。 例えば、

  • 「異世界」は「ことせかい」
  • 「美味い」は「びみい」
  • 「己」は「つちのと」

といった感じです。これらは読み上げの変更用のテーブルでなんとか回避できないかな、 と思って実装はしたのですが、 「己」を「つちのと」と読み上げてしまうものを 変換テーブルに「己」→「おのれ」と登録してしまうと、 「自己」を「じおのれ」と読み上げられてしまうようになってしまって困ってしまいます。

ただ、Siriさん(のエンジン) は文脈によって読み替える事をしているようにみえる (例えば「辛い」を「からい」と読んだり「つらい」と読んだりする)ので、 多分 Siriさん側 が賢くなれば解決するんじゃないかなと思って案外放置してるだけで直ったりしないだろうか と期待していたりします。 といっても、iOS 7 の Siriさん と iOS 7.1 の Siriさん では読み上げの声質が全然違って 7.1 の方が流暢なのですが、 自分が使っている AVSpeechSynthesizer では iOS 7.1 の上でも iOS 7 時代の Siriさん が読み上げてくれているので、 案外駄目かもわかりませんが。

ということで、他の音声読み上げエンジンではどうなのだろうと思ったのですが、 Acapela を使っているらしい VoicePaper でも結構 読み間違えている ので今の時代はまだまだこれでもしょうがないのかもしれないですね。

Objective-C びっくりしたこと

Objective-C はまずは のあたりで書き方がわからなくていろいろビビっていたのですが、 とりあえずだいたいは書けるようになってきたあたりで気になった事がいくつかありました。

NSArray, NSDictionary には object の id しか入らない

ということでした。これは標準の NSなんたら系 のものでも NSArray* を返してくるので、 その配列の中に入っているものが何のobjectなのかを自分が把握していないとコンパイルエラーにしてくれない、 というのが気になってしょうがない感じでした。せっかくのコンパイル言語なのになぁ。 ジェネリクス的なものが無いみたいなのでそうなってるのかなぁ。と思っています。

ARC結構便利

Xcode での Objective-C では ARC(Automatic Reference Counting) というもので object のリファレンスカウンタをコンパイラが自動でやってくれる仕組みがあります。なのでだいたいはメモリ管理についてあまり気にせずに書くことができてイイカンジでした。

blocks便利だけれどちょっと落とし穴が

Xcode での Objective-C では blocks というもので thread周り が少し楽に書ける仕組みが入っています。これは結構便利に使えるのですが、一つの dispatch queue を作って別の thread から同じ dispatch queue で実行すれば全て同じ thread で動くのかな、と思っていたらそういうわけではなく実行される thread 自体はそれぞれの元の thread で実行されるのだ、というのに気付かずに不思議なハングを経験してデバッグが大変でした。

具体的には CoreData の save周り は一つの thread でしか行ってはならず、別thread から呼び出すなとあったので、save用 の dispatch queue を作ってそこで実行しているので大丈夫だろうと思っていたらそんなことはなかった、という感じです。

生活に余裕を

今の職場は去年の末になってからなのですが、 iOS Developer program に入っていて、プログラムがかけていなかったのはだいたいは 前の職場 に居た時と時を同じくしている気がします。

これは別に前の職場がマズいと言いたいわけでもないのですが、 前の職場と比べると今の職場は切羽詰まった感じが少なく、心にかなりの余裕ができました。 そういう所は思ったより良い働きをしたらしく、 前の職場の時は「自由な時間を作るのが大変」と思っていたのが、 今の職場に移ってしばらくして心の余裕に慣れてきた頃から 「自由時間結構あるじゃん少し位何かに使おう」と思えるようになったという感じです。そういう意味では前の職場では多分作りはじめようと思えなかったと思います。

もちろん、前の会社でも、同人ソフトとかを自力で作ってコミケで売ってる人とかもいるわけで、 単に自分がやる気が出てなかっただけなのは間違いないのですけれども。

ことせかい を思いの外使っている

歩いている時の暇つぶしのつもりで作った ことせかい ですが、最近では歩いている時だけでなく、

  • 風呂場で読み上げてもらいながら体洗ったりしている
  • 日課になってしまっているロードラ (iPhoneで遊んでるスタミナ制のゲーム) をいじりながら聞いてる
  • 家から駅までの歩きの道中だけでなく電車内でも聞いてる
  • ラーメンや昼飯を作る時など、手を動かしてるだけで頭を使ってない時にはだいたい聞いてる

と、結構中毒的に使っているような気がします。

小説家になろうの作家さんたちありがとうございます

元々誰も作っていないから、という理由で 小説家になろう の小説の読み上げアプリを作っていたというのはあるのですが、実際に作って使っている時に読み上げられる小説がつまらなかったら多分作り上げる元気が沸かなかっただろうと思います。そういう点において、小説家になろう の小説は面白かったです。小説家の人達には感謝致します。

 

また、ことせかい を使っていただける方がおられましたら、本当に感謝です。自分が欲しいなぁという事で作り始めたようなものですが、気に入っていただければ幸いです。修正案やバグ報告などは github でも AppStore の評価でも書いていただければと思います。ありがとうございました。

はてなTシャツ2013ができました! プレゼントキャンペーンを実施します - はてな広報ブログ

Publish のTシャツいいね

2013年にやりたいこと

 

新PCを買いたい! Haswell あたりがいいなー。