読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uirouのひとりごと

不定期に何か書こうと思います。

言っていること検索サービスが欲しい

ところで、上のエントリを書いてから、RPG系のゲームにおける、ストーリーのまま進んでいたらボスに適正レベルで到達できるとかの「おもてなしゲーム」って案外駄目なんじゃないかという視点で別のエントリとして書こうかなーと思ったのよ。で、そういう話って既にどこか別のところで提示されているのではないかと思ったわけなのだけれど、こういう事って論文になってるわけではないので論文データベースを引くとかで安心できなくて、google先生に数あるblogの中からそういう事を言っているものを探せと指示せねばならず、google力が足りないとそういう記事を見つけることもままならず、内容の薄い論しか展開できそうにない(参考文献の無い論文なんて捨ててしまえ!というのと一緒。でも踏みにじっちゃ駄目。踏みにじると高野三四さんが復讐にやってくるってのを今朝ひぐらし解で学習した)。ということで、これをなんとかするためには自分のgoogle力を強化するか、言っていること検索機としてのblogDBみたいなものを手に入れるか、という話になるのかなぁと思った。

ここでいっている「言っていること検索機」ってのは、google検索だと対象の文字列が含まれていないと検索にhitしないけれど、この場合はRPGでおもてなしとかそういう表現をしていなくても、同じような事を言っている場合には検索に引っかかって欲しいという気持ちでの「言っていること」を検索してほしいなぁという気持ち。これって書かれている事を意訳するとかレベルのむつかしー事をしないと駄目なような気が凄くしてきたのでそうは簡単にできないのかなぁ。でもだとすると論文というものは、何かのテーマに沿って募集されてそのテーマに近いものが集まっているという点から、ディレクトリサービス的に検索が容易になりそーだし、論文はそれぞれの間で勝手に用語の定義とかをしていくから、これまた用語による検索が楽になっていくという性質を持っているんだなぁと思った。blogとかだとそういう繋がりはどうやって頑張るのだろう。まぁ、同じような趣味の人のblogはトラックバックをしあうことで同じように用語の整理とかがされていくのだろうか。だとするとgoogleでそれらしい所のblogをなんとかしてひっかけて、そこから参考文献として引かれているような感じでトラックバックだのリンクだのを手繰っていくわけかー。それはそれで大変だなぁ。やっぱり検索できんもんかなぁ。そういうところ、楽したいですgoogle先生