uirouのひとりごと

不定期に何か書こうと思います。

資産やlvlがないと楽しめない問題

とりあえずのところの問題を「資産やlvlがないと楽しめない問題」ってのに当てはめて考えてみる。ぱっと考えてどういう問題なのかというと、

  • 資産やlvlがある程度を越えていないといけない場所がある
  • 資産やlvlの差によって友達と一緒に遊ぶことができない

という問題だと思う。この問題があることで、友達と遊ぶという目的のために資産やlvlの差をできるだけなくそうと努力するわけである。多分、友達が居ない人は友達がいない人で、何処へでも行けるように、などといった目的を持とうとして努力するということになる。

さて、こういうゲームデザインってのでは、lvl低い(弱い)人は、まだ見ぬ見知らぬ土地へと苦労してたどりつくこととか、腕試しをしてみたら見事に返り討ちにあってしまったモンスターに後日復讐をはたす、とかいうことに意義があったりする。多分こういうのってのは一人用RPGとかでも同じ事があって、なんとかってところをクリアすると、新しい土地に行ける、とか、なんとかってモンスターを倒すことができるようになった、とかいう事に意味を見いだしている。こういうのって、その目標が結構難しいから目標になるのであって、なんとかって土地に行くのは結構簡単だった、とか、なんとかってモンスターは結構簡単に倒すことができる、なんてのではあまりうれしくない。

多分、シューティングゲームだとかレースゲームだとか、アクションゲームだとかいった物でもある、プレイヤー自身が努力して訓練することで、うまくなって、ハイスコアを出すだとか、fastest lap を叩き出すだとか、そういう強くなった自分ってのを実感することでの楽しみってのに通じるのだと思う。

ということで lvl だの資産だのといった物ってのは、ただ時間をかけるだけで上がるものではあるけれども、努力だとか苦労だとかをして得るもので、達成感を与えるものであるというところでは同じなんじゃないかと思う。 (でも確かにDDRでカッコよく踊ってる人とMMORPGでの金持ちとを比べると、DDRの人の方がカッコいいわな。金がからむとつまらんのはなぜだろう?)

じゃぁ、lvlだの資産だのといった制度はないとだめなのか、というお話になる。ないと駄目かっていうと、シューティングゲームだのレースゲー〜略〜ではlvlや資産って概念が全然無いものってのもある。そういうものでも達成感は得られるって事で、そういうものが無いと駄目、ってのは間違っているといえるんじゃないかな。また、達成感ってものが無くてもいいや、っていうのであれば、lvlだの資産だのってのは必要なくなる。でも達成感のうちのかなりの部分はなくなってしまうだろう。

ということでそれぞれを考えてみる。まずはアクション性を達成感にしたRPGの話。

アクション性を達成感にするってことは、アクションがうまくないと遠くの土地へは行けなかったり、強大なモンスターも倒せなくなる。ということで、うまい人と遊ぶためにはアクションが同じくらいかそれよりほんのちょっと下くらいの能力が無いとあまり面白くないような気がする。ということで問題としてはあまり変わらないんじゃないかと思う。

ということで次、lvl上げの達成感が無いものの話。

lvl上げの達成感が無いものって、何を目的にそのゲームをやるのだろう?これを書いていてふと思うことには、実はなにかの達成感を得るってのはゲームをやることってのの結構な部分を締めていたりしないだろうか。いや、MMOGのMMOGたる所である、人と人とのつながりってのはそれはそれで楽しい。確かに楽しいわけなんだけれど、そういう楽しさってのはチャットなり掲示板なりでも楽しめる。じゃぁゲームって事にした時には何か別の物を加えているんじゃないだろうか、もしかしてそれは達成感なんじゃないかな。

……と、こういう所まで考えて、僕なりの解答は、


lvlやら資産やらってものは結構有意義な物なのかもしれない。lvlやら資産やらってものを撲滅しても、また別の苦労するためのものってのが現れてしまうのかもしれない。

ということになりそうです。でも考えとしては面白いので、今度はlvlやら資産やらが無くても楽しい要素のあるってものを突き詰めてみるのも面白いかもしれないな、と。